仮想通貨分析レポートVol:2

仮想通貨相場分析

4月18日現在85万円前後となっています。
先週の75万円付近から上昇トレンドに入りつつあります。

自分の見方としては、もし60万を割っていたら、
更に見えなって下がり続けるのではと懸念していましたが、
短期的だと思いますが仮想通貨全体が
少し上昇トレンドに乗った感じを受けます。

さて、仮想通貨関連の気になる
ニュースをピックアップすると、

Yahoo!の仮想通貨取引所が
2018年秋にスタート

https://www.businessinsider.jp/post-165642

現在、仮想通貨への投資市場は、
日本人の個人投資家等が多いと言われています。
主に、年末からの仮想通貨バブルを機に、
学生やサラリーマン層が増加したと言われています。

Yahoo!程のブランド力で
仮想通貨取引所を展開したとしたら、
様々なが展開されて、仮想通貨を利用する人が
増えると思われます。

 

ジョージ・ソロスが仮想通貨市場に参入

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-07/P6SZPB6JTSGI01

ジョージ・ソロスとは、ウォーレン・バフェット、ジム・ロジャースと
並んで世界三大投資家と言われて「まず生き残れ。儲けるのはそれからだ」
そんな名言を残した有名な投資家です。

この人が、仮想通貨市場に参入するだけで
ニュースになるわけですから、生きる伝説的な話しで凄いと思います。

しかし、この人、2018年の1月時点では、仮想通貨市場は、
「仮想通貨はバブルだ」と発言して否定的で参入をしていませんでした。

それが、3ヶ月経過した時点で、参入する動きを見せています。
何故、そんなことを言ったのか少し考えてみたいと思います。

ジョージ・ソロスが「バブル」と発言した時の価格が、
ビットコインの相場は111万円の近辺でした。

そして、4月13日の時点では84万円辺りとなります。
単純に見れば、そこから25%程下落しているわけです。

ソロスって人は、様々な資料を読んでみると、
空売りを行ってイングランド銀行をつぶした男として、
有名になった人のようで、空売りを得意とする投資手法のようです。

私の推測としては、今回のソロス参入と言うのは、
ソロスが仮想通貨を購入するタイミングではなく、
ソロス自身が空売りで買い戻すタイミングに
利用しているだけではないのかとも考えています。

1月時点ではビットコインを空売りをするために所持して、
自分の発言やバブル崩壊で値崩れするのを待ち、
25%下落した時点で買い戻す…そんなシナリオを組み、
自分が参入すると言った発言で、買いのポジションを取って、
逆張りで2度儲けるなんてことを考えていたのではないでしょうか。

これらは、単なる私の推測で、真相は不明ですが、
単純に有名投資家が参戦するから相場が上がると言うことは、
あまり考えていません。

そういう視点で常に逆を見る必要性を投資家としても感じています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在中の個人投資家・企画マーケッター。これまで株式投資・FX等の経験を経て、2016年から仮想通貨トレードを開始。2017年の仮想通貨バブルで一定の資産形成に成功しました。 現在は、初心者向けのスタートアップの解説サイト「仮想通貨INVEST2.0」を運営しながら、企画マーケティングのビジネスを展開しています。主に企画コンサルティング・商品開発サポート・販促マーケティングをしています。仮想通貨に限らず様々な情報をお届けします。