G20、仮想資産監視で一致 具体策触れず

各国要人の仮想通貨に対する温度差は大きいように感じます。基本「各国様子を見ていきましょう。」という考えなのでしょう。

各国が様子見であるなら、日本なんかは、反対に仮想通貨の規制提案等を通じて、各国への仮想通貨イニシアチブを獲得するチャンスだったと思うのですが…自分としてはチャンスをモノに出来ていない感がします。

[ブエノスアイレス 20日 ロイター] – 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は20日、各規制当局に対し、「仮想資産」動向の監視を求めることで一致した。ただ、具体的な行動には触れなかった。

G20は声明で「国際的な基準設定機関に対し、使命に従い仮想資産とリスクの監視を続け、必要に応じて多国間の対応を評価するよう呼び掛ける」とした。

また、金融犯罪防止に向け設置された金融活動作業部会(FATF)が新たな基準を提案することに期待を示した。

G20が具体的な行動に触れなかったのは、仮想通貨が金融市場を脅かすには規模が小さ過ぎるとみられることが理由の一つだ。

金融安定理事会(FSB)のカーニー議長がG20への書簡で指摘した通り、仮想通貨全体の市場価値はピーク時でも世界経済の1%未満だ。

しかし、アルゼンチン中央銀行のシュトルツェネッガー総裁によると、次回7月のG20会合でのデータ収集といった分野に関して具体的な提言を行うことを求める声が今回の会合で上がったという。

具体的な行動を起こす前に政策当局者らは相違点を克服する必要がある。

ドイツとともに仮想通貨をG20の議題にしたフランスはこれまでに仮想通貨の預金や融資を禁止するなどの具体策を提案している。

フランスのルメール財務相は、会合参加者の4分の3がこれらの案に賛成したと述べた。

イタリア中銀のビスコ総裁は、最終的にはG20財務相らが証券監督者国際機構(IOSCO)に基準を設定するよう任務を課すことになるとの見通しを示した。

ただ、関係筋が今週ロイターに語ったところによると、その他の国では、規制することによって仮想通貨に一定の合法性を与えることになるのではないかとの懸念や、金融危機を受け10年にわたって規制作りを行ってきた上での新たな規制への警戒感があるという。

https://jp.reuters.com/article/g20-argentina-bitcoin-0320-idJPKBN1GW2Y0

2018年3月21日 / 05:17 / 18日前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在中の個人投資家・企画マーケッター。これまで株式投資・FX等の経験を経て、2016年から仮想通貨トレードを開始。2017年の仮想通貨バブルで一定の資産形成に成功しました。 現在は、初心者向けのスタートアップの解説サイト「仮想通貨INVEST2.0」を運営しながら、企画マーケティングのビジネスを展開しています。主に企画コンサルティング・商品開発サポート・販促マーケティングをしています。仮想通貨に限らず様々な情報をお届けします。