そうだったのか!仮想通貨のマイニング解説

仮想通貨で良く聞くマイニングとは何か?…よく「採掘」とか「報酬」とか言われていますが、初心者に分かりやすく仮想通貨の投資に重要な要点を解説します。

マイニングとは?

単純に言いますと、マイニングとは、過去の取引をブロックチェーン上に取引データとして暗号化して書き込む作業のことを言います。この作業を行う人達のことを「マイナー」と称することもあります。

この取引データを一番早くデータ化してブロックチェーン上に書き込むことが出来た人に、マイニング報酬が支払われることになります。パソコンに複雑な計算をさせて、その対価(報酬)として仮想通貨をもらう仕組みをコンセンサスアルゴリズムと言います。

コンセンサス(合意)とアルゴリズム(方法)と2つの意味に分けて理解すると分かりやすいと思います。 合意の方法を決めて、どのようにマイニング報酬を、マイナーに支払うのかを決めるためのアルゴリズムです。

これらの仕組みで動いている代表格がビットコイン(BTC)で、その他にも、イーサリアム(ETH)モナコイン(MONA)ライトコイン(LTC)ジーキャッシュ(ZEC)モネロ(XMR)ビットゼニー(ZNY)等、いくつもあります。

マイニングの種類

前項では、「一番早く計算をした人が報酬を受けられる」と言いましたが、それは、ビットコインの報酬を支払う種類が、そういう仕組みを採用しているからです。この一番早く承認を取って報酬を受け取る仕組み(コンセンサスアルゴリズム)をPoW(プルーフオブワーク)と呼び、その他のマイニング種類も知る事で違いは分かります。

「PoW」Ploof of Work(プルーフオブワーク)

最も早く計算をしたマイナーに報酬を支払う「仕事量による合意形成」
メリットとしては、取引改ざんが強く不正をされにくいと言う点
デメリットとしては、電気代が膨大に掛かる・51%攻撃の懸念されます。

計算量と電気代は比例しており、計算量が膨大に増えれば、電気代は上がります。結果的に力(安い電気代でスパコンを動かせる人)に権限が与えられることになります。

この仕組みで構成されている通貨の代表格がビットコインやモネロ・ジーキャッシュとなります。

「PoS」Ploof of Stake(プルーフオブステーク)

最も多く通過を所有している人に報酬を支払う「所有量による合意形成」
メリットとしては、コストが低い・51%攻撃のリスク軽減
デメリットとしは、通貨の流動性を失う・富の集中

単純に多くの通貨を所有している人が力を持つため、通貨を誰も動かさなくなると言われています。流動性を失い、富が一極に集中してしまうと更に流動性を失うと言う負のスパイラルを生じる可能性を持ちます。

この仕組みで構成されている代表格がエイダとネクストという通貨になります。

「PoI」Proof of Importance(プルーフオブインポータンス)

その通貨の重要なポジションに位置する人を判断して、その人に権限を与えようと言う仕組みです。この重要性と言うのがポイントで、単純にコインを持っているだけでOKと言うことではありません。

「PoI」では取引の回数や取引量などを総合的に見てスコアリングされて決定します。このスコアリングは、「取引回数」「取引量」「残高」などから総合的に判断されるため、同じアドレス同士で交互に送金を繰り返しただけではスコアリングは稼げない仕組みにもなっています。

この仕組みが使われている通貨はNEMに採用されており、NEMではマイニングのことを「ハーベスティング(収穫)」とも呼んでいます。

「DPoS」Delegated Ploof of Stake(デリゲートプルーフオブステーク)

「Delegated=委任」という頭文字がつく通り、DPoSでは仮想通貨を所有する人の中から、さらに取引承認を行う人を投票で選出する仕組みを取ります。選出された人は代表して取引の承認行為を行い、得られた報酬を投票した人に配分する仕組みです。

単純に所有している人に力が集中するのではなく、所有者同士で委任された代表者がマイニングする仕組みです。この仕組みで構成されている代表格がリスク(LSK)という通貨になります。

「PoC」Proof of Consensus(プルーフオブコンセンサス)

事前に信用力の高い承認者を選定し、その承認者の80%以上が有効と判断した取引だけが認められる方式となります。

PoCの最大のメリットは、その承認時間の早さです。PoCでは多くの労力を必要とせずにより少ない信用力で高い承認主体を

形成することでブロックチェーン上の取引が早く承認されていきます。

取引の承認が一部の承認者に偏ってしまうため中央集権的だと言われることがありますが、その承認者自体も信用力の高い組織に限定されているため、もちろん無法地帯という訳ではありません。

この方式が採用されている仮想通貨はRipple(XRP)です。

「PoB」Proof of Burn(プルーフオブバーン)

「焼やす」「焼却する」という意味がある「Burn」とは、ネットワーク上でコインを二度と使えなくして、事実上、お金を燃やしてしまうということと同じこと行います。では、何故、使えなくするのか…その目的は、新しいコインを得るためと言えるでしょう。

皆が持っているコインをブラックホールのような誰も使っていないアドレスに送って、貴重なコインを二度と使うことができない状態にして、そこから生まれる希少性が増す価値をXCPに流すことで、価値のあるコインを犠牲にして、誰もが平等に新しいコインをもらうことができる。仕組みを利用しているのがBurnです。

この方式が採用されている仮想通貨はカウンターパーティーと言う通貨になります。

■マイニングの方法

仮想通貨のマイニングの方法は、3つの方法に分類されます。
1つ目、ソロマイニング2つ目はクラウドマイニング3つ目がプールマイニングの3種類です。その違いを順に解説していきましょう。

1. ソロマイニング

ソロマイニングとは、ASIC(マイニング専用のICチップ)や高性能のGPU(グラフィックボード)を駆使して個人が自分自身のマシンでマイニングを行うものです。

ソロマイニングで黒字化するには非常に高価な機材を揃える為の資本が必要です。
更に、コストを下げるために電気代の安い中国等の土地でビマイニングを競い合う必要が出て来ます。

従って、現在では、組織化されて事業化されていて、一個人がソロマイニングを行うのは基本的に難しいと言われています

さらに、個人でマイニングを行うにはコンピュータに精通した知識が必要になるため、非常に難易度の高いです。

狙うとしたら、マイニングの競争率が低くて、新しく誕生したばかりで知名度の低いアルトコインをマイニング作業するのがおすすめと言えるでしょう。

このケースだと、協力な競争で競うことなく、一個人で黒字化を狙う事も可能になることは考えられます。また、知名度の低い通貨を狙うことで、将来的に値上がりを期待することも出来ます。

しかし、結果的にマイニングした通貨が値上がりするどころか、開発が途中で頓挫して、その価値を失ってしまった場合のリスクも発生するため、どの通貨のマイニングを行うのかは見極める必要があります。

そのため、3つのマイニング方法の中では最もハイリスク・ハイリターンな方法とも言えます。

2.クラウドマイニング

クラウドマイニングとは、大量に高性能マシンを揃えてマイニングを生業としている事業者と契約し、その契約料を支払うことでマイニングに間接的に関与し報酬を得る仕組みのことです。

ジェネシスマイニング(GenesisMining)、ビットコインドットコム(Bitcoin.com)ハッシュフレア(HashFlare)等が有名です。しかし、契約はどんな時でも、いつでもできるわけではなく、会社が保有する機材の量や契約のプランの枠数が決められていることが多くあるため、各ウェブサイトで在庫状況を確認する必要があります。

このように、1年や数年以上と言う長期間の契約で、先払いを行い、その契約料を支払う仕組みになっているため、マイニングを行う通貨の価格が契約した時よりも上昇していれば、大きく利益を得ることが出来ます。

その反対に、契約した時よりも価格が下落してしまうと、投資額が回収できなくなってしまう危険性もあります。

クラウドマイニングのメリットは、自分で機材を用意する必要がないことです。言わば、マイニングをしている会社から機材を借りてマイニングするようなもので、契約料を支払うだけでマイニングを行うことができます。

投資した金額さえ回収出来れば、あとは期間満了まで利益を得ることができますが、会社が倒産してしまって投資額が回収できないリスクもあることが挙げられます。

3.プールマイニング

プールマイニングとは、自分が所有するマシンパワーをネットを介して提供することになります。マシンパワーの大きさに応じて報酬を受け取ることが出来ます。

有名な事業所としてはマイナーゲート(MinerGate)やナイスハッシュ(NiceHash)等が有名です。

同じプールマイニングと言う方式でも、マイナーゲートはマイニングを行う通貨を自分で選択出来ます。報酬はマイニングした通貨で支払れますが、ナイスハッシュでは相場やディフィカルティ(difficulty:採掘難易度)考慮して最も効率のいい通貨が選択されて報酬がビットコインにて支払われる仕組みです。

従って、将来的に値上がりが見込んで利益を狙う場合はマイナーゲートが有利ですが、値動きにかかわらず安定的な報酬として利益を狙いにいく場合はナイスハッシュが向いていると言えます。

プールマイニングのメリットは、ソロマイニングのような高性能な機材を揃える必要も、クラウドマイニングのように料金を支払って契約する必要もない手軽さになると思います。

パソコン1台あれば誰でも、マイニングプールに参加して専用ソフトをインストールさえすればし、報酬を送金してもらうためのウォレットのアドレスを入力すれば簡単にマイニングを始めることができます。

デメリットとしては、ソロマイニング等とは違い、圧倒的に得られる報酬が少ないことです。 3つのマイニング方法の中では最もローリスク・ローリターンな方法です。

■まとめ

今回の記事では、マイニングによるコンセンサスアルゴリズムの種類と、実際にマイニングする場合の3種類をご紹介しました。コンセンサスアルゴリズムに関しては、これから仮想通貨の投資を始める場合、投資する通貨の仕組みだけは押さえておきましょう。また、直接的にマイニングに参加する場合も仮想通貨の投資であることには違いありません。最終的には、マイニングの価値も通貨の価値に比例すると考えた場合、どの通貨のマイニングを行うのかが重要であると思います。その辺りを整理して投資することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在中の個人投資家・企画マーケッター。これまで株式投資・FX等の経験を経て、2016年から仮想通貨トレードを開始。2017年の仮想通貨バブルで一定の資産形成に成功しました。 現在は、初心者向けのスタートアップの解説サイト「仮想通貨INVEST2.0」を運営しながら、企画マーケティングのビジネスを展開しています。主に企画コンサルティング・商品開発サポート・販促マーケティングをしています。仮想通貨に限らず様々な情報をお届けします。