初心者向け!仮想通貨取引には何が必要か

仮想通貨取引を始めるために何が必要なのか・・・
いざ、始めようと思った時に何を抑えておけばいいのか。
スタートアップに必要な3点をご紹介。

ビットコインの取引に必要な基本3点セット

1投資資金

ビットコインに限らず、仮想通貨基への投資は、
基本的にハイリスク・ハイリターンの要素があることは知っておいた方が良いと思います。
いきなり高額を投資することはオススメしません。

これまで、投資の経験がない…
個人投資のデビューが仮想通貨と言う人は、結構多いです。
悪いことではないですが、決していきなりの高額勝負はおすすめしません。
今から始めるなら一つの基準として「運用資産の10%」程度が基準と考えましょう。

運用資産と言うのは、ご自身が所持している総資産の現金枠から、
余剰資金(最悪ゼロになっても生活が困らない資金)を運用資産として設定します。
その運用資産の一部10%~30%を初回の軍資金として運用するようにします。

例えば、余剰資金が100万円の場合、これが運用資金になります。
従って、運用資産の10%を軍資金として基準を置く場合、
10万円が最初に投じる資産の基準にして頂くと良いのではないでしょうか。

投資は自己責任であることを把握して
自分の責任の範囲内で運用できるようにしておくことは大切です。

2取引所のアカウント

ビットコインはインターネット上の「取引所」で購入します。
取引所にアカウントを作成するにはメールアドレスと運転免許証などの
本人確認書類、そして銀行口座が必要になります。

取引所によっては、申請をしてから実際に使えるようになるまでに、
審査期間に時間を要する取引所もあり、スグに開設できるわけではないので、
早めに手続きを進めておくとよいでしょう。

私自身が始めた時は、まだまだ取引所に口座を開く人が少なかったのもあって、
比較的スムーズに口座開設が出来た印象を持っていましたが、
この間、知人が取引所に口座の開設を行った際に、
普通に3週間位待っている状況でした。申込者が殺到していたらしいです・・・

3スマートフォン・パソコン

取引はスマホで行うことが可能で、パソコンのWebブラウザーからも可能です。
セキュリティの観点から取引所にアクセスするには、スマホの認証アプリは
必ず、二段階認証を必須にしておいた方が良いと思います。

二段階認証は、取引所にログインする時や、入出金を行う際、
または、売買を行う時に必要とされているもので、1分間毎にパスワードが変わります。
面倒だとは決して思わずに設定しておくことを必須と考えるべきだと思います。

スマホでの仮想通貨取引メリット・デメリット

メリット・・・・使いやすいアプリが充実している
値動きのチェックがいつでも出来る

デメリット・・・アプリがない取引所がある
端末の紛失や破損で取引が不可能になる

パソコンでの仮想通貨取引メリット・デメリット

メリット・・・・大画面で多くの情報量を取得できる
電波状況に関係なく回線が安定している

デメリット・・・パソコンがある場所でしか取引できない
操作が難しい場合がある

まとめ

仮想通貨の取引を行う際には、スマホもパソコンの両方を持ち合わせていた方が良いと思います。
取引所のアカウント等は、複数の取引所へ登録することをおすすめします。

投資金に関しては、最初から大金を投じる必要はないと思います。
目安は運用資産の10%が目安と考えると良いと思います。
何故なら、仮想通貨取引こそ少ない投資から始めても、
大きなリターンが見込める投資対象であることも事実だからです。

実際に200倍にまで跳ね上がったケースもあるので、
最初から高額の投資をすると、身動きが取れなくなるからです。

投資を始めた当初の多くは、相場が下がったり上がったりする中で、
買い足したり、損切したりします。そのため、最初から高額を投じて、
身動きがそれ以上取れないことになるのは避けた方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在中の個人投資家・企画マーケッター。これまで株式投資・FX等の経験を経て、2016年から仮想通貨トレードを開始。2017年の仮想通貨バブルで一定の資産形成に成功しました。 現在は、初心者向けのスタートアップの解説サイト「仮想通貨INVEST2.0」を運営しながら、企画マーケティングのビジネスを展開しています。主に企画コンサルティング・商品開発サポート・販促マーケティングをしています。仮想通貨に限らず様々な情報をお届けします。