初心者必見!仮想通貨投資の仕組み

今さら聞けない仮想通貨の仕組み

キホン1 そもそも仮想通貨とはなんなのか?

実体が存在しないデータのみで扱われる通貨である。

 

仮想通貨とはその名の通り「仮想」のもので、
コインや紙幣といった実態が存在せず、
データのやり取りのみで取引が行われます。

代表的な仮想通貨としてビットコインを
例に挙げると下の表のように円やドルといった
法定通貨とは異なる性質が多数に存在します。

これらの位置づけから、よく仮想通貨は、
ゴールドに近い性質を持っていると言われる。

 

キホン2 どうして値上りするのか?

ブロックチェーン技術に対する信用の裏付けによって
仮想通貨」に価値があると多くの人が判断し投機の対象としたから

 

仮想通貨は誕生してスグに価値が上がったわけではなく、
仮想通貨の元祖とも言えるビットコインでも2009年に取引が開始された当初は
タダ同然(当時レートで1円未満)の扱いでした。

しかし、その画期的なシステムや性質が世間に認知されるにつれ、
価値が上がっていって現在ではそれに加えて「価値が激しく変動する」という性質から、
キャピタルゲインを狙った多くの投資家が利益を追求して取引を行っています。

ビットコインが値上がりする6つの理由

偽造や改ざんが非常に行われにくい

ビットコインは「ブロックチェーン」という独自のシステムが肝となり、
このシステムは多数のユーザーが監視することで通貨の改ざんや不正が
非常に困難とされ不正取引を防ぐことが出来ると言われています。

しかし、ブロックチェーン技術は、極めて改ざんが難しいと言われていますが、
まだまだ、仮想通貨の世界は、黎明期と言っている専門家も数多く、
完璧では無いと言うのが本質ではないでしょうか・・・

個人的にも、ブロックチェーンが最も改ざんが難しいと言われるのは、
ある程度の流動性を持った仮想通貨でないと難しように思います。
専門家の間では、ハッシュパワーが不足するとブロックチェーンの性質を利用して
不正な取引も成立するという見解もあります。

や銀行が実権を握っていない

法廷通貨は「中央集権型」であり、銀行や国が管理している。
ビットコインはブロックチェーンが核になっているため
特定の誰かによってコントロールされにくい性質を持っている。

中央集権型と非中央集権というのも、個性の一つであって、
非中央集権型=万能性を意味するものではないと思います。

管理する人がいないという事は、世論の動きに合わせて
価格変動が大きく実際に通貨として使えるのか?という疑問もあります。

通貨の発行上限が決まっている

ビットコインは約2100万枚までしか発行されないことが決まっています。
これによって、需要が上がると自然に価値も上がっていくため
インフレーションが起きにくくしています。

この辺りが金(ゴールド)と性質が似ていると言われる由縁かもしれません。
しかし、需要と言う点においては、仮想通貨の場合ゴールドよりも
大衆化しにくい面があると考えています。

何故かと言うと、ゴールドの場合は、実際に目の前で普遍的な輝きを見せます。
置物や装飾に使われて、富の象徴として扱われる点においては分かりやすいです。

しかし、仮想通貨に関しては、あくまでも「データ」なので、
実際には、そのデータに紐づけされるサービスや付帯する権利にこそ、
価値が生まれるので具体的に価値を見にくい側面があると思います。

将来的に実用性があると考えられている

高い実用性を目的にして開発されたのがビットコインとされていおり、
今日では様々な決済に利用されるようになっている。
今後、利用する機会や場所が広がっていくと期待されている。

通貨として扱われるより、むしろ、ブロックチェーン技術から見る
AIやロボットや医療など様々なITとの連携の方が強いと思います。

そういう点で言えば、今の時価総額の点からして、
ビットコインの次のイーサリアムは非常に将来性が高いと考えます。

市場への参加者(投資家)が増えている

ビットコインの購入者は2017年に爆発的に増加しました。
取引額は1年で倍以上に増加し、2018年3月の時点では、
落ち着きをみせるものの、更なる上昇トレンドを切っ掛けに
市場拡大の活発化は十分期待が持てると言えます。

一方で、仮想通貨のバブルは「チューリップバブル」と同だと、
いう人達も多く存在しており、冷静な見方をする必要はあると思います。

バブルとは一言で言うと、その物が持つ、本質的な価値よりも
過剰に価格が上昇していって天井にブチ当たるまで上昇を続けるものと考えます。

その観点からすると、仮想通貨の本質的な価値は、どこにあるのか…
2018年はその辺りが精査されていくように思います。

安定資産として「逃げ場」に使われている

値上がりしているうちは「有事のビットコイン買い」と言われていました。
それほど、価格崩壊の恐れが少ない資産として、法廷通貨から「逃げる」
人々がいたことを意味するのですが、明日いきなり消滅してしまう心配が
少ないと言われている背景があります。

しかし、この安定資産というのは、あくまでも世界中の各国の法定通貨の
信用性が失われつつある時(戦争のような緊迫した状況)などがあると思います。

その点で言えば、どこの国の支配下にも属さない仮想通貨の個性は強みを見せますが、
ハッキングされた時や誤送金してしまった場合の対処には、まだまだ不安点も多いと思います。

まとめ

2018年3月以降はやや停滞ムードも・・・

仮想通貨の最大市場となっているビットコインに関しては、
2017年の年末期にまさに「爆騰」とも呼べ現代のチューリップバブルとも
言われる位の値上がりを見せていましたが、一時期は1BTCが200万円を
突破するような状況になっていて、2018年に入ってからはややトーンダウンの状況です。

現在は、投資家のマインドが低迷していて、
市場への盛り上がりに欠ける状況ではありますが、
ビットコインの価格は100万前後をする形で落ち着いています。

これには、様々な理由が関連していると思いますが
今後は、個人投資家の参入に比例して、値上がりの期待が上がると考えています。
投資家が増えて市場が活性化すれば、まだまだ値上がりする可能性は大いにあると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在中の個人投資家・企画マーケッター。これまで株式投資・FX等の経験を経て、2016年から仮想通貨トレードを開始。2017年の仮想通貨バブルで一定の資産形成に成功しました。 現在は、初心者向けのスタートアップの解説サイト「仮想通貨INVEST2.0」を運営しながら、企画マーケティングのビジネスを展開しています。主に企画コンサルティング・商品開発サポート・販促マーケティングをしています。仮想通貨に限らず様々な情報をお届けします。