なぜ、金融庁はスーブルコインを仮想通貨として認めないのか・・・

日本金融庁「ステーブルコインは現行法では仮想通貨に該当しない」

金融庁「ステーブルコインは仮想通貨に分類されない」

金融庁が、法定通貨と連動するステーブルコインは、現在の法律では仮想通貨と見なされないという見解を示した。29日のBitcoin.comが報じた。最近は新たなステーブルコインが増えており、ステーブルコインを上場させる大手取引所も相次いでいる。

https://jp.cointelegraph.com/news/japanese-regulator-stablecoins-are-not-cryptocurrencies-under-current-law

金融庁がステーブルコイン(価格安定通貨)は現行法では「仮想通貨」に該当しないと、大手仮想通貨メディアBitcoin.comの取材で発表したニュース。

金融庁の関係者は、現行の資金決済法などによって定められる『仮想通貨』の定義に該当しないと言及、発行者と取り扱う業者の正規登録に関しても見解を述べたとあります。

ステーブルコインとは何か・・・

ステーブルコインといえば、政府が発行する法定通貨(円や米ドル)と価値を連動(ペッグ)させることで価値を保つものです。

例えば、USDTというステーブルコインは、米ドルの価値と連動していることで価値を保ち続ける仕組みを持っています。これは、USDTを発行するTether社っていう会社が、1USDT=1ドルとして価値を保証します。実際の仕組みとしては、テザー社にUSDTが持ち込まれた際に1ドルと交換してくれるという約束しているから可能としているという仕組みをとっています。

仮想通貨業界は、ボラティリティの高い仮想通貨では、決済ツールとして使うために導入するには、障壁があると考えています。将来的にキャッシュレス、電子決済の利用を目的とした時に、ステーブルコインの発行にも力を入れていて、日本のGMOを始め、世界的な仮想通貨企業、または既存の金融会社も発行を計画するなど動きが活発になっています。

ステーブルコインは役に立つのか

ステーブルコインっていうものの仕組みを知って、じゃあ、そのステーブルコインって何の役に立つの?ってことです。

単純な話で言えば、「暗号通貨への投資という形ではなく、実用的に利用する目的で保有する」、「電子マネーと同じように使いたい」という暗号通貨へのニーズがあります。

そういう意味では、ステーブルコインは、仮想通貨になじみのない人たちに、仮想通貨を普及させるキッカケになるのではないかと言われています。

ステーブルコインの種類とその仕組み

ステーブルコインには下記の種類に分けて3つあります。

  1. 法定通貨担保型
  2. 仮想通貨担保型
  3. 無担保型

簡単に各それぞれの種類を解説すると、法定通貨担保型はこれまで上記でお伝えした法定通貨の価値と仮想通貨の価値を連動(ペッグ)させることで価格の安定性を実現する仕組みのステーブルコインです。

仮想通貨担保型は、その他、複数の仮想通貨価格の平均値を取ってボラティリティを小さく仕組みのステーブルコインです。

具体的な仕組みは、1ドルのステーブルコイン1つを発行したとしたら、価格変動に対応出来るようにするために、担保として仮想通貨を2ドル分預けます。

するとステーブルコインは、200%の担保価値を持つことになり、多少の価格変動に対しても対応できるようにするということです。

このケースのデメリットは、「仮想通貨そのものが、価格が不安定とされているものを担保にしている」という点です。

無担保型の特徴は、スマートコントラクトの技術を用いて、法定通貨を模倣している点ですが、法定通貨そのものも、世界経済や社会全体で日本円の需要が上がれば、価値が上がるといった「需要と供給」に基づいて価値が変動します。

金融庁の目的って何なのか

今回の金融庁の発表によって、日本企業もステーブルコインへの対応状況が明らかになったと言えますが、米国では、先月、ニューヨークの金融局が、大手仮想通貨取引所Geminiが申請した米ドル価格安定通貨(GUSD)に対し、一種の仮想通貨とみなすという見解も出ています。

個人的な見解としては、今回の金融庁の発表は、今、日本政府が進めようとしているキャッシュレス化に向けての布石でもあるのではないかと思っています。現在、仮想通貨を通じて物を買った場合に「消費税」は課税されませんが、ステーブルコインが仮想通貨ではなく、法定通貨に連動させた「電子マネー」とするならば、もしも消費税を10%に上げた後にステーブルコインが普及したとしても、消費税を取ることも可能になるからではないかと考えています。

日本では、明確なルールがない状況下での通貨発行は難しいと思います。仮想通貨市場を健全化に導く上で、ステーブルコインを日本としてどのように取り扱っていくのか…今後の動きにも注目していきましょう。

管理人のコガケンが毎日、仮想通貨に関する情報を呟いています
もし良ければ、下記ボタンでTwitterのフォローをヨロシクお願いします。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在中の個人投資家・企画マーケッター。これまで株式投資・FX等の経験を経て、2016年から仮想通貨トレードを開始。2017年の仮想通貨バブルで一定の資産形成に成功しました。 現在は、初心者向けのスタートアップの解説サイト「仮想通貨INVEST2.0」を運営しながら、企画マーケティングのビジネスを展開しています。主に企画コンサルティング・商品開発サポート・販促マーケティングをしています。仮想通貨に限らず様々な情報をお届けします。