指定暴力団:仮想通貨300億円のマネーロンダリング

一部の指定暴力団が仮想通貨の取引を利用して、犯罪収益のマネーロンダリング(資金洗浄)を
海外の複数の取引所を介して進めているという疑いがあがっている。

指定暴力団、300億円洗浄 仲介役証言

一部の指定暴力団が仮想通貨の取引を利用し、犯罪収益のマネーロンダリング(資金洗浄)を進めている疑いがある。海外にある複数の交換所を介し、所有者が特定されない仮想通貨に換金する手法で、2016年から計約300億円を洗浄したと、仲介役の中国人男性が証言した。

引用:毎日新聞 2018年5月14日 東京朝刊

https://mainichi.jp/articles/20180514/ddm/001/040/179000c

 

最近の暴力団などは、普通の大企業よりも最先端のテクノロジーを、積極的に取り入れてITに精通している人材も存在している印象を受けます。

株・FXの世界においても、反社会的勢力の資金源になっていることや、第三者を介して市場に参加して売買を行うことで利益を得ていると言うニュースなども見たことがあります。

いち早くその最先端テクノロジーを犯罪に活用すると言う点においては、ある意味では貪欲で凄いと思う点はあるのですが、これらの資金が新たな犯罪の二次資金へと使われていくということは事実だと思うので早急な対応が求められると思います。

恐らく金融当局も必ず、これらのマネー・ロンダリングに関しては、徹底して取引所なりへの指導や対策を講じるようにしてくるのではないでしょうか。

仮想通貨の市場全体がこの辺りの信用を一般投資家だけでなく、投資を考えていない消費者層に対して、付けていかないことには仮想通貨って怪しいという印象が常に付きまとうと思います。

捜査機関もこれらの事案に対して先端テクノロジー犯罪に対応する必要性が求められ、後手に回らないようにしたいところですね。恐らく、今回のことも氷山の一角でしょうから、積極的に改善策を取ってもらえると良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在中の個人投資家・企画マーケッター。これまで株式投資・FX等の経験を経て、2016年から仮想通貨トレードを開始。2017年の仮想通貨バブルで一定の資産形成に成功しました。 現在は、初心者向けのスタートアップの解説サイト「仮想通貨INVEST2.0」を運営しながら、企画マーケティングのビジネスを展開しています。主に企画コンサルティング・商品開発サポート・販促マーケティングをしています。仮想通貨に限らず様々な情報をお届けします。