コインチェック、流出後も2カ月間で黒字5億円

市場低迷期でも5億円の黒字

多くの資金が暗号通貨流れ込んでいるということでしょう。コインチェックのネム流出が発覚したのが2月辺りで、この時は市場が低迷していた頃でした。

この時期から見て2ヶ月の5億円の黒字は、数多くの会社が仮想通貨の交換業者の登録を申請希望を出す大きな理由だと思います。

いずれ、市場は回復して更に大量の資金が流れ込んできた場合、巨額の利益が見込める形になるだろう。しかも、今、規制が強化された状況で言うと、既存の登録業者はかなり美味しいと言うことが言えます。

ニュースソース

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/26/news093.html

引用:ITmedia NEWS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在中の個人投資家・企画マーケッター。これまで株式投資・FX等の経験を経て、2016年から仮想通貨トレードを開始。2017年の仮想通貨バブルで一定の資産形成に成功しました。 現在は、初心者向けのスタートアップの解説サイト「仮想通貨INVEST2.0」を運営しながら、企画マーケティングのビジネスを展開しています。主に企画コンサルティング・商品開発サポート・販促マーケティングをしています。仮想通貨に限らず様々な情報をお届けします。